Thai安吉日

Thai安吉日な毎日のその後のお話
MENU
2017年タイ・ミャンマー

2017年旅*人生は初体験で満ちている33*ボージョーアウンサンマーケット

ヤンゴン観光まだ終わりませんよ。
時刻は午後3時前。
P2040945ww.jpg

この一番暑い時間帯に歩いて向かうはボージョーアウンサンマーケット。
DSC01059w.jpg

1800店以上が入居するミャンマー最大級のマーケット。
生鮮食品以外のあらゆるものが揃う。
P2040960www_20170918002744fe1.jpg

チャイナタウンから歩いて30分もかからなかったかな。
本当はサイカーと呼ばれる自転車の横にサイドカーをつけた乗り物で移動したかったんだよね。
チャレンジしたけど、近いから歩いて行け!みたいなことをミャンマー語とジェスチャーで何回か言われ、1回は信じられない値段をふっかけてきた。
んで結局1回も乗れず・・・
残念・・・
日陰で客待ちしてるのがサイカー。
P2074904w.jpg


ここでやっと何組かの日本人観光客を見たな。
みんなミャンマーなんかに何しに来たのかマジで聞きたいしw
私達は徒歩で国境を越えるという野望があったからミャンマーきただけだしww
P2040949w.jpg

デザインが昭和なアクセサリーたち。
DSC01067w.jpg

カエル好きのイワリエさんに本気でオススメしたカエルカゴ。
DSC01070w_20170918003035c90.jpg

気合の機内持ち込みで持って帰りましょう!!→却下。
DSC01071www.jpg
あいかわらずたくましい二の腕。


ここで私達が狙うはなんといってもロンジー。
ミャンマーの民族衣装の巻きスカート。
老若男女ほとんどのミャンマー人が履いてるのよ!
若い娘さんも。
P2074880w.jpg

おばさまも。
P2074876w.jpg

こんな少年たちも。
P2030693ww.jpg

おじさんだって。
P2074879www_20170918003720baf.jpg

私はロンジーを買って即履く予定でミャンマーにはジーパン1本しか持ってきてないのでね。

マーケットの中にはロンジー屋さんがたくさん!
DSC01066w_2017091800303245a.jpg

どうやら初めからロンジーの形として出来上がって売ってるのは「Ready made」というらしい。
でもReady madeじゃなくてもその場で採寸し30分もかからないうちに出来上がるよ。
こんな感じでw
P2040953ww_20170918004300147.jpg

色々な柄や生地があって選ぶの一苦労。
そんな中で私たちが選んだのはこちら♪
恒例の夜ホテルでのファッションショー。

私は鮮やかな黄色にカラフルな刺繍がかわいいロンジー。
DSC01104wwwu_20170918004733d50.jpg

もう1枚は生地がテロテロで涼しくって履き心地抜群のこちら。
DSC01105wqw_201709180047359de.jpg

2枚とも黄色ベース。
私は特に黄色が好きなわけじゃないんですがね。
これが潜在意識ってやつですかね?
色占いの黄色はどんな意味ですか??


イワリエさんは安定の緑。
イワリエさんはビールとカエルと緑好き❤
DSC01108ww_20170918004738baf.jpg

2枚とも緑で2枚ともトラディショナルな柄。
DSC01106www_20170918004736cee.jpg

記憶があいまいだけど1枚仕立て代込で2000円もしなかったような。
2周近く巻くのでガシガシ歩いても足がセクシーにのぞくこともないし、着崩れることもない。
意外と履いてて楽♪
私は帰りの機内でも履いてたけど快適に過ごせました。
ただ真冬の日本でこの鮮やかな黄色はとっても浮いてたけどねw
DSC_2664www.jpg


このマーケット、あまり飲食店というものがない。
やっとあったのはこちらのフレッシュジュース屋。
DSC01077w.jpg

南国へ来たらのマンゴージュース。
マンゴー握って潰しましたってぐらい濃厚ドロドロ。
喉カラカラ時には適さないジュース。
DSC01076www.jpg

イワリエさんはアボガド。
P2040956www_20170924104428ca7.jpg



女子はとにかくロンジー選びが楽しいボージョーアウンサンマーケットでした♪

スポンサーサイト
2017年タイ・ミャンマー

2017年旅*人生は初体験で満ちている32*チャイナタウン色々ストリート

それではヤンゴン街歩き開始。
P2040909w.jpg

まず向かったのはチャイナタウン31番通り。
通称判子通り。
DSC00992w_20170917190147e3c.jpg

ここでオーダーメイドの判子が作れるらしいのでね。
とりあえずそれっぽい露天に近寄ってみるとどこからともなく英語話せるおじさんがやってきてあれよこれよと話がまとまるw
DSC00993www.jpg

ひらがなとミャンマー文字で「さやか」って彫ってもらいたかったんだけど、たしかひらがな入れると受け取りは2日後と言われる。
DSC00994w_2017091719095693b.jpg


ミャンマー文字だと当日の夕方にはできるらしいのでミャンマー文字で名前+私は猫ちゃん。
イワリエさんは蛙を彫ってもらうことに。
あやうく、frogがclock(時計)になるところだったけどw
P2040981w_20170917190730aaf.jpg


んで出来上がりはこちら♪
ミャンマー文字でさやかとりえ。
P2040980w_20170917190727c93.jpg
かなり満足の出来上がり!
大きさはもちろん判子の持ち手の形や色も選べるよ。


数時間でできるしいい思い出になるのでかなりオススメ!
この写真みんな超絶笑顔ww
DSC00996www.jpg




判子通りの他にもこちらは25番通り、手芸品通り。
P2040915w.jpg

こちらのビーズのお店でアクセサリー作りが趣味のイワリエさんはビーズの大袋をたしか4袋お買い上げ。
P2040916w.jpg

これは後日ヤンゴンの空港でセキュリティーチェックにひかかり鞄の中をあさられそれは何かと問いただされる羽目にw

こんなに大量のビーズ一生かかっても消費しなさそうですが、後日こんな素敵なアクセサリーになって送られてきました♥
私はシンプルな服にピアスとネックレスをお揃いでつけるのが好きなので嬉しい!
2017-05-21-17-35-50ww.jpg

ちなみにこんな感じになります♥
DSC03509ww_20170917232625b64.jpg

こんなレースもなにかにアレンジしたらかわいいんだろうけど、私はしません。
できないではないです。しないんです。
DSC01014w_20170917232743360.jpg

趣味が手芸の人はこの通りかなり楽しめるはず。
DSC01018w_20170917232143cd2.jpg




ここは玩具・文具通り。
P2040923w.jpg

ピカチューの耳って赤だったっけ??
P2040926w.jpg

こんな感じでチャイナタウンの色々なストリートを楽しみました♪
じっくり探せば掘り出し物がみつかるかもね。
DSC01028ww.jpg



そして疲れたらこんなオシャレカフェでお茶でもいかが?
女子ってオシャレカフェでお茶するの好きだもんね❤
DSC01038www.jpg

小さいテーブルとイスがかわいいでしょ。
女子って小さいもの好きだもんね❤
P2040933ww_20170917234237c6e.jpg

肝心のお茶はタイでもよくあるアジア版ミルクティーといったところ。
下に沈んでいるのはもちろん練乳。
もちろんかき混ぜなくてもグラニュー糖がたくさん入ってるので激甘。
女子って甘いもの好きだもんね❤
P2040930w.jpg

同じもの頼んだのに一方はカップ、一方はグラスだよ。
P2040931www.jpg


そしてこのカフェで私たちは発見してしまいました。
イケメンを!!!

まずは私から。
私この人超タイプ!!
しましまのスマホの人❤
DSC01043w.jpg

もうほとんど顔忘れたけど中学生の時初めて付き合った人がこんな感じの人だったなぁ。
DSC01044w.jpg


そしてイワリエさんのタイプの人はこちら。
私を撮るフリして盗撮。
3人の真ん中の人。
DSC01047ww.jpg

イワリエさんはちょい悪そうな人がタイプらしい。
DSC01048ww.jpg

結論:私達が男を取り合うことはないでしょう。

Thai吉ラーのみなさんはどっちの男性がタイプですか?



2017年タイ・ミャンマー

2017年旅*人生は初体験で満ちている31*ウェッタ-ドウットウッ

さてスーレーパゴダの後は街歩き。
の前に腹ごしらえ。
スーレーパゴダへ行く歩道橋の下で発見!
ミャンマー人に今人気の屋台らしいウェッタ-ドウットウッ。
DSC00982w.jpg

これも世界ふれあい街歩きでやってた!
なかなか強烈な見た目です。
P2040895w.jpg

内臓系のお肉を真ん中のスープ(ガイドブックでは油って書いてあるけどどう見ても汚いゴミなどが浮いたスープw)につけて食べる。
DSC00986ww.jpg

んで二度づけ禁止であってほしいこちらのタレにつける。
二つ並んだスープはたぶん中央のスープと同じもの。
味はラーメンのスープにかなり似てる。
もっと味が濃いけど。
DSC00985w.jpg

私はそもそも内臓系のお肉が嫌いなので食べられる種類が少なかったけど、イワリエさんは満足だったもよう。
P2040902ww.jpg

1本数チャットで安いので食あたりがものすごく心配な衛生状態ですがチャレンジしてみる価値あり!
DSC00990ww_201709171842325ab.jpg


ちなみに私達毎度海外で果敢に色々なもの食べてるけどいまだに二人ともお腹壊した経験はありません。
P2040898ww.jpg


未分類

2017年旅*人生は初体験で満ちている30*交差点のスーレーパゴダ

さてヤンゴン観光最初の目的地はスーレーパゴダ。
ヤンゴン市街中心部の交差点のど真ん中にあるのがビックリなお寺。
P2040858wr.jpg

このお寺から四方に道路が延びている。
P2040861w.jpg

歩道橋で中に入りますw
P2040862ww.jpg

P2040864ww.jpg



タイのお寺とそうたいして変わらないような気もするけどとんでもなくキンキラキン!!
DSC00950w.jpg

あおぞらに金色がとっても綺麗!
DSC00969w_2017091717542408a.jpg

観光客よりもミャンマー人が多い印象。
DSC00968w.jpg

こちらはピッタインダウン。
ミャンマーのだるまなようなもの。
これモチーフのお土産がけっこうあったな。
けっこう私好み。
DSC00966www.jpg

これは金箔寄進の舟。
P2040885w.jpg

寄進された金箔をパゴダへ運ぶ舟(人力)
世界ふれあい街歩きでもやってたから見られて嬉しい♪
DSC00965w.jpg

滑車近くの受付で金箔を買うと係の人が動かしてくれるらしいw
DSC00962w.jpg

上ってます上ってます!
DSC00961w_201709171804502b8.jpg


自分の生まれた曜日の神の祠に水をかけるくらいしかすることないけどヤンゴン来たからには来なきゃね!
DSC00939w_20170917181122d33.jpg
下水で濡れてるのに素足で歩かなきゃだからめっちゃ気持ち悪い・・・
こう見えて潔癖症の私は今回のミャンマー旅行では厚手の大き目のコットンおしぼりを何個も消費しましたw

P2040870ww_201709171812379d2.jpg
イワリエさんはもちろんそんなことは気にしない!

P2040878w.jpg



2017年富山

女一人富山車ぶっ飛ばしの旅③ホタルイカ祭り

富山今宵のお宿はトロッコ電車の駅から徒歩5分ぐらいのこちら。
P5235347w.jpg

P5235348w.jpg

部屋からの景色。
黒部川がすぐそこ!
P5235354w.jpg


とにかくトロッコ列車のトンネルで体が芯から冷え切っていたので温泉で温まる。
誰もいなかったので写真撮らせていただきました。
DSC_3292w.jpg

さらさらのお湯で私好み。
ただね、浴室がめーちゃ暑いの!!
もうねサウナ並に!!
こんな中で湯船になんてとてもじゃないが入ってられないよ。
旅館の人に言ってみたところお湯の温度が高いからどうしてもそうなってしまうと・・・
他にお客さんもいなかったし露天風呂につながるドアを開けたままでシャンプーとかしたし。
じゃないと倒れるレベルよ・・・


お楽しみの夕食~♪
DSC_3293ww_201708122216250ef.jpg

富山と言えばホタルイカ!
その昔私の大好きなテレビ番組世界の果てまでイッテQで「ホタルイカの明かりで勉強はできるのか」みたいな実験やってたなぁw
もうね、ホタルイカ祭り!!

ホタルイカのお刺身。
DSC_3294w_20170812221627919.jpg

ホタルイカのお鍋。
DSC_3296w.jpg

ホタルイカの塩麹陶板焼き。
DSC_3297w.jpg

ぷくぅ~。
DSC_3300w.jpg
てかね、ここまで生きてた姿まんまの食材って絶対残せないよね。
私のためだけにたった一つの命が失われたんだもん。
美味しく食べて私の血となり肉となってもらわないと。

でもね、私は富山のもう一つの名物、白エビのほうが好き。
この白エビのから揚げ絶品だった!!
お母さんの分まで奪い取ったw
DSC_3295w.jpg

これにさらにご当地牛の陶板焼きまで出てきてお腹いっぱい大満足。
それにしても白エビ美味しかったなぁ。
これも北陸新幹線でまた食べに行ってもいいなぁ。



食後も温泉。
貸切半露天風呂だよ♪
DSC_3307w.jpg
ただね、ずっと外で人の気配がしてちょっとというかかーなーり気味悪かったんだよね。
てか気配というかずっと砂利道を歩く足音が聞こえてさ。
それが遠ざかることも近寄ることもないんだよ。
少々霊感があるっぽい私としてはここのお風呂はダメだった。
湯船に2,3分入っただけで限界で部屋に逃げるように帰ったもん。

旅館の人の話によると釣り人が通るらしいんだけど、ずっと足音がするってどういうこと・・・?
幽霊なら足ないはずよねww


しかも夕食の時にママンが、黒部川の音が人の話し声に聞こえて慣れるまではなかなか寝られなかったとかこれまた気味悪いこと言ってきてさw
ま、これは疲れも手伝って即大爆睡で大丈夫だったけどww