Thai安吉日

Thai安吉日な毎日のその後のお話
MENU
猫ちゃん

クロちゃん家出大捜索

順調に進んでいるタイミャンマー旅行ですが中断です。


とある奇跡が起きたのでその紹介。
我が家にはただ今3匹の愛猫がいます。
syさんの家には4匹いたはずじゃ?と思ったあなたはThai吉ラー!
最年長だったハッピーちゃんは2年前の7月2か月の闘病生活の末虹の橋を渡りました。
その時のこともいつか誰かのお役に立つかもしれないのでブログに残したいのですがまだ書いてると涙が止まらないのでもう少し時間が必要のようです・・・


今我が家にいる3匹のネコちゃんのうちの1匹、クロちゃん(サビネコ9歳)が家出をしました。
6月9日23時すぎ、私が家のドアを開けると勢いよく飛び出していったのです。
2017-03-13-15-40-46w.jpg

クロちゃんは時々こんな感じで誰かが玄関を開けるのを待ち構えていて開いた瞬間猛ダッシュで飛び出していきます・・・
が5分もしないうちに、帰ってきてドアを開けろとニャンニャンなくw

がその日はなかなか帰ってこず朝を向かえ、次の日も帰ってこない。

これはやばいぞと捜索開始は日曜日。
が見つからない。

月曜日になり朝一でママンが市役所へ電話。
ちなみにクロちゃんはすごくおしゃべりな子でママンのいい話し相手。
一日中2人は楽しそうにお喋りしてるのでとっても仲良し。
「そのうち帰ってくるよ」
とのんきに構えていたママンもさすがに心配なのでしょうw
進んで電話してましたww
P5265580w_201706251211213c8.jpg

さて市役所の人によるとネコが迷子になった場合、
・警察署
・動物愛護センター
の2か所に電話をしろとのこと。
ネコちゃんが事故にあった場合市役所に連絡がくるが、今の所そのような電話はないとのことでとりあえず安心。
P4025945w.jpg

警察署ではネコは落し物の扱いになるらしく、名前や特徴などを聞かれ落し物登録。
動物愛護センターでも今の所うちのクロちゃんのような保護ネコはいないそう。
この動物愛護センターの対応は素晴らしく、どのようなネコだったかを詳しく聞かれ(肉球の色、しっぽの先は曲がっているかなどまで)、そして後で写真をメールで送るよう指示される。
P4025928w.jpg

クロちゃんが家出をした昼間に庭に亀がいて3匹がとても興奮していた話を愛護センターの人に話すと、ネコは亀やヘビがとても嫌いらしく追いかけていくそう(嫌いなのに逃げるじゃなく追いかけるの・・・?w)
んで夢中になってて気がついたら遠くへいってしまい帰り道が分からなくなるパターンが多いらしい。
もうここがどこかも分からずパニックになって飼い主が探しに来て声が聞こえても出てくることはおろか返事もしてくれないと・・・
P4025973w.jpg

なので物陰や狭い所に潜んでるからそこを重点的に探せというアドバイスをいただきました。
今までは「クロちゃーん」と呼びながら探していたら向こうから出てきてくれるものだと思って探していましたが月曜からはそんな甘い考えは捨てました!
懐中電灯で人様の庭や軒下まで照らして念入りに捜索。
こんな時、女で良かったと思うw
男なら不審者で通報されてもおかしくないw

でも1軒だけおじさんが出てきて不審な目で見てきたので事情を説明しましたがw
一緒に心配してくれた!
ご近所さんなのでもし見かけたらお宅に声かけるねとも!
P4025934w.jpg

この日も結局見つからず・・・
もうダメなのかも・・・と、あきらめかけてた時ネットで見かけた一言。
「あきらめないで!
猫ちゃんはあなたが見つけてくれるのをずっと待っています」
どこかで家に帰りたくても帰れない不安なクロちゃんが私を待ってる!!!
私があきらめたらもう2度とクロちゃんには会えない!!!
クロちゃん、お姉ちゃんは頑張るよ!!!!!

ということで家出から5日目の火曜日。
この日は友達も協力してくれると。
知らない人がいたら警戒して逃げるんじゃないかとも思ったけど、向こうから出てきてくれないなら人手は多い方がいいかなと。
2人だと思った以上に心強い!
前日不審者扱いされたからねw
PA203311w.jpg

結果からいいますが、なんとこの日見つかったからね!!!
2人で探すこと30分。
家から250mぐらい離れた事務所みたいな小さい工場みたいなところのちょっとしたゴミ置き場(資材置き場?)に向かってクロちゃーんと呼びかけるとかすかに物音が。
もう一度クロちゃーんと呼ぶとかすかに、ホントかすかにだけど、
「ニャー」
って!!
もう鳥肌立ったね!!!
PA203301w.jpg

それからは
「ニャーニャーニャーニャー」言いながら近寄ってくるクロちゃん!!!
警戒しながらも私の指先をクンクン。
そこで捕まえた!!!
間違いなくクロちゃん!!!
いや、もう鳴き声の時点で分かってたけどw
クロちゃんーーーーーーー!!!!
感動の再会ですよ!!!
クロちゃんも私の声が聞こえた時嬉しかったんだろうなぁw
1回呼んだだけですぐ物音したもんなw
「こ、この声は!?」
って飛び起きたんだおうなww
P9152846w.jpg

よかった!
あきらめなくて本当によかった!
クロちゃんが私の声を覚えててくれて返事してしかも出てきてくれて本当によかった!
無反応だったら絶対見つけられなかったもん。
DSC_6588w.jpg


ここでまとめると家ネコが迷子になったとき。
まず市役所、警察署、動物愛護センターに連絡。
優しく名前を呼びながら物陰や狭い所を探す。
私はエサのカリカリの音を鳴らしながら探した。
家ネコでネスネコの場合はそんなに遠くに行かないらしい。
(クロちゃんは250m離れたところ)
首輪に迷子札をつけておくこと。
(今回は役立たなかったけどうちの子たちはみんな首輪につけてます)
DSC_6469ww.jpg


無事帰ってきたはいいが、その後3日間ぐらいは実の姉妹のシマちゃんが大変だった・・・
クロちゃんが近くを通るたびに「ウウゥ~~~・・・・シャーーー!!!」と威嚇しまくり。
クロちゃんは反撃することもなくショボンとするし。
もとから仲がいい姉妹ではないけれどwここまでじゃないw
DSC_2676w_2017062513192062b.jpg

 
動物愛護センターの人に発見の連絡した時にそのことを相談すると、
なんでもシマちゃんはクロちゃんのことを自分より下だとみているらしいw
んで邪魔なクロちゃんがいなくなったのでこれからは自分が思う存分甘えられると。
自分の時代がやってきたと喜んでいたらしいw
たしかにクロちゃんがいない数日間ものすごく甘えてきたし鳴いてきてた。
てっきり、「あたしの兄弟どこいったん?」って心配してんのかと思いきや全然違うしww

が、クロちゃんが帰ってきたものだから気に食わないとww
ほっといたら元通りになるとのことだったが、たしかに3日目ぐらいでなおった!

2017-05-17-06-44-36w_20170625130529852.jpg
そして3日目ぐらいからクロちゃんの声が出なくなる。
あんなにお喋りだったのに・・・
それと同時にくしゃみまでするように。
動物病院へ連れて行くと微熱がありちょっと風邪をひいているのでしょうとのこと。
声が出ないのは喉の炎症。
でも動物病院では「ニャー(ここはどこだー!)ニャー!(離せー!)ニャー!(帰せー!)」と声出てたけどw
野良ネコと喧嘩した傷跡もないし感染症などの心配はないと。
もし噛まれたり引っ掻かれたりした場合腫れて化膿するらしい。
でももし心配なら3か月後に血液検査。
今すぐには反応がでないそう。
5日分の抗生物質の薬をもらいました。
2017-05-17-06-44-42w_20170625130532a7b.jpg

こんな感じで5日間の家出は大騒ぎ!
なにはともあれ戻ってきたし風邪もたいしたことないから良かった。


Thai吉ラーのネコ飼いのみなさん、ネコちゃんが迷子になったとき決してあきらめないでください!
ネコちゃんは探しに来てくれるのを、また家族に会える日を家の近くで願ってますから!!
だらだらと長く書きましたがこの記事がいつか誰かのお役に立てると幸いです。
P8072467w.jpg








スポンサーサイト
2017年タイ・ミャンマー

2017年旅*人生は初体験で満ちている21*不運の始まり

※今日の記事は珍しく写真少な目、文章多めです。


さて、朝10時。
タイとミャンマーのミャンマー側の国境の町ミャワディーを出発。
ここからゴールデンロックのあるチャイトーの町の近くのキンプンまでたしか7,8時間と言われる。
夕方には到着できる予定。

順調に車進むかと思いきやものの数分走ったところで停車。
運転手はどこかへ行き残される乗客たしかこの時7人。

そしてこの状態のままなんと30分ぐらい待たされた..
いや、もっとかも。
クーラーも効いてない車内でよ...

この時点で若干気持ちが悪い私。

暑い車内&前に座ってるミャンマー人がつけてる髪飾りの生ジャスミンの香りが...
P2030681w_20170622092704c93.jpg
タイでも生ジャスミンで作ったお供え物をそこらじゅうで売ってるから嗅ぎ慣れた香りなんだけど、元から私そこまでこの香り好きじゃないんだよね。
それを車内でずーーーーっと嗅ぐんだよ...
今このブログ書きながらでもそれ思い出して気持ち悪かなってきたナウ......ww

まだ数百メートルしか走ってないのにこの気持ち悪さはヤバイ!

軽く30分以上待ったあげく何したかというとドラム缶みたいなのをバンの屋根に積み込んでた。
んでさらに走ってたしかもう一回くらい止まって待ったような。
んでなんと振り出しの場所に戻ってきたからね!!!!!
ありえないでしょ!?!?

このイミグレの門が見えたときの驚き&落胆といったら....!!!
DSC00824w_201706220806570f4.jpg

この時時刻すでに11時。
1時間もこの近辺をウロウロしてたなんて...
最後にドイツ人観光客1名を乗せやっと出発。
じゃあ出発時刻11時って言っとけよ!!
私達もドイツ人と一緒に11時に乗りたかったよ!!!
さすがのイワリエさんも心にグッとくるものがあったみたいです。
でものちにこのドイツ人男性の存在はとても助かる。





さて、ミャワディーからの道は悪路で有名ですが数年前に塗装された道路が完成し思ったほどではなかった。
それでもガタガタと揺れるし、そもそもかなり古いバンで座り心地も悪いし、狭い。
前には生ジャスミンの花。
そして何より暑い。

本格的に酔ってきて変な唾が出てきていよいよヤバイ。
吐く前って変な唾出てこない?
私だけかな?
さっき食べたフィッシュカレーを思い出しさらに気持ち悪くなる・・・
あんなもん食べなきゃよかった。
無難にパンでも食べときゃよかった・・・
今更後悔しても遅いけど・・・
ズボンのポッケに入れてるエチケット袋を手に握っとこうかなと思ってるとイワリエさんから一言。
「酔い止め薬もらってもよか・・・?」
えーーーー!?
まさかのイワリエさんも酔ってるんですか!?
ま、たしかにイワリエさんも車に強い方じゃないって言ってたし、初めて一緒に行ったベトナム行きの飛行機の中で顔真っ青になってたのはよく覚えていますが。

なんて思ってたら酔い止め薬を飲んでものの数分で、
「エチケット袋もらってもよか・・・・?」

イワリエさんリバース。

ここで「大丈夫ですか?」なんて声かけない方が優しさです。
無言の優しさですw
もらいゲロするんで・・・w
はい、これ私たちの不運その1。
いや、その2だな。
その1、車で無駄に1時間徘徊。
その2、車酔いでリバース。


もうあと10分車に揺られてたら私もヤバイってところでなんと休憩ーーーー!!!!!
ホントに本当にこのタイミング助かった・・・
P2030684w.jpg

空気がおいしい!!
揺れない地面サイコー!!
ここで出発までにどうにか体調を整えなければ。
DSC00846w_20170622083137fd7.jpg


二人でトイレ(もちろん汚い)で3つ目の不運が私達を襲う。
イワリエさん女の子の日に突入。
そう、この3つ目の不運が全てもの始まり。

ちなみに私もこの旅行中に生理がかぶりそうだったので事前に婦人科でピルを処方してもらいました。
生理を調節するやつ。
これすごく便利だけど、このピルを飲んでるとエコノミークラス症候群になるリスクがぐっと上がるらしく婦人科の先生にオススメはしないと言われました・・・
アジアまでの飛行時間6時間程度ならまあ大丈夫だろう・・・でもオススメはしないと何度言われたことかw
なので飛行機の中ではよく水を飲みよく歩きましたがね。(こんな時に限ってトイレのすぐ前の席・・・w)
それがけっこうめんどくさかったし、不安でもあったので次回長期の海外旅行に行くときに飲むかはちょっと分かりませんね。


話が逸れましたが、生理用ナプキンがバッグパックの中に入っているので運転手さんにとってもらうことに。
こんな感じで乗客の荷物はバンの上に積まれてます。
私もエチケット袋を新たに持っとかないとだしね。
P2030685w.jpg

ちなみにイワリエさんのバッグパックはこれです。
P2030685wew.jpg


あまり食欲はないがポテチを水を購入。
P2030683w.jpg
ポテチ400チャット(約30円)
絵にもある通り辛いです。
唐辛子を粗く砕いたやつがまんままぶしててビックリの辛さ。

面白いのがこんな感じでお菓子がつるされて売られてるのw
これタイでは見ない光景だなぁ。
DSC00847w_20170622083139e26.jpg




あまり車酔いもよくなってないけど出発。
ここから写真が減ります。
というかほぼないです。


休憩所を出発してからどれぐらい走っただろう。
1時間半ぐらいかな。
追加で飲んだ酔い止め薬が効いたのか爆睡。
気がついたらまた車が停まってる・・・
んで果物売りの人からグァバやらたしかみかんやらを買ってみんな食べてるw
私達ももらったw

まだウトウトしながら出発を待ってるとミャンマー人たちが何やら私達に言いたそう。
が、ミャンマー語が分かるわけもなく、彼らが英語を話せるわけでもなく。
でも私たちの足元の荷物を指さしてるから私はてっきりこの小さいカバンたちも上に載せろって言ってるのかとw
それかまだバンの上に荷物を載せるから私たちの大きいカバンたちを足元に置けとか?
いやいやいや、今でもこの車内めっちゃ狭いのにあんな大きなカバン置けませんって!w

2人して頭の上に「???」を乗せてると、助手席のドイツ人男性が
「君たちのバッグが落ちたらしい!」と。

はい~~~~~~!?!?!?

急いでバンを飛び降り上に積まれてる荷物を見ると、ない・・・
たしかにさっきまで積まれてたイワリエさんのバッグパックがない・・・
休憩所によった1時半の時点ではたしかにあったのに。
証拠写真↓
P2030685wew.jpg

そうか、私たちの荷物を指さしながら何か言いたそうだったのはこれか・・・・・
ボー然とそこに立ちすくむ私達・・・・・
とりあえず何よりの救いだったのがパスポートと現金は手持ちの方の小さいカバンに入れてたこと。
私のボストンバックは落ちずにちゃんと載ってたこと。
充電器やプラグは私が持ってたのでね。
飛行機のEチケットは各自がお互いのEチケット2枚を持ってたこと。

でもこれからのミャンマー旅行6日分の荷物が丸々なくなった。


それからそこで何分待っただろう・・・
運転手はずっと誰かと電話中。
その辺にいたミャンマー人も集まってきてワヤワヤしてる。
私達は唯一コミュニケーションがとれるドイツ人男性とこれから先どうしたらいいものかと話し合う。

なんだかんだで1時間近くはたったのかな?
ちょっとミャンマー人達がガヤガヤしだし、車に乗り込めと。
道を引き返してるのでもしかしたら見つかったのかも!!

でもどうもおかしいw
スピードはゆっくりだし、みんなが外を見てるような気がするw

ここで私は一か八か隣の女性にタイ語で話しかけてみる。
「タイ語話せますか?」
「はい!」
ラッキー!!!!
やっとコミュニケーションがミャンマー人たちととれる!!!

てことで今の状況を聞いてみると、カバンは見つかってないと・・・
でもとりあえず休憩所まで探しながら戻ってみようってことになったらしい。

そこからは私達も超真剣に窓の外を見たよねw
もう酔いなんで完全に醒めたわ!w


途中エビの姿焼きなんかをミャンマー人が買ってくれたり。
P2030687ww.jpg

ちょっと焼き過ぎだったけどミャンマー人の優しさもプラスされて美味しかった。
P2030686w.jpg


乗客総出で探したけどもちろん荷物は見つからず休憩所にまたしても戻ってきた。
P2030684w.jpg

この時もうすでに午後3時過ぎ。
なんだかんだで長く車に乗ってるけどまだ3時間分ぐらいしか移動してないよ・・・
ってことはこの先順調に進んでも夜9時は過ぎるよね。

何が問題かって私達この日の宿予約してないんですけど。。。
夕方には到着だろうしそれから飛び込みで宿探せばいいかと。
でも夜9時や10時の夜道を歩いて宿探す勇気も体力もないぞ・・・
しかも初めての国、知らない街で・・・

でもそんなことより今は荷物よ!
海外旅行保険には入ってるのでとりあえず警察へ行って紛失届をもらわなければ。
タイ語の分かる女性にそのことをどうにか伝え警察へ行くことに。

ってことでここから一番近い警察著へ行くためまた車で1時間移動。
が、村の派出所みたいな所でここには英語が分かる警官がいないから無理だと・・・
もう少し大きい所の警察署へ行けと。
てことでまた移動・・・
時刻は16時半。
ちょっと大きい警察署へ移動。
警察署の前で待たされるイワリエさんと私たちのバン。
P2030688ww.jpg

ここでドイツ人男性は違うバンに乗せられ行っちゃった・・・
一気に不安になる・・・


が、結局時間かけて行ったのにここにも英語ができる人がいないと・・・
ここから私たちの不運その4が始まる。
ここで英語ができる人と電話で話せと言われる。
が電話のノイズがひどいうえに訛りのある英語で何を言ってるのかいまいちよく分からない。
あっちも英語がペラペラなわけじゃなさそうだし。
この人も幸いなことにタイ語ができるので英語とタイ語でどうにか、私たちは紛失届が欲しいこと。
私達は今日はキンプンに行くけれどホテルは決まってないこと。
次の日はヤンゴンへ移動するのでもし荷物が見つかったら荷物はキンプンではなくヤンゴンのホテルに届けてほしいことなどを伝える。
結局この警察署でも何もないまま去ることになる。

それにしても私たちの他に6人のミャンマー人乗客がいたんだけどみんないい人たち!!
ジャスミンのおばさんに関しては警察署でもずっと付き添ってくれて事情説明してくれたし。
あとの乗客も警察署の外でずっと待っててくれてる。
私達のことは何も心配しないで!大丈夫だからってタイ語で励ましてくれるし。

は?落ちた荷物なんてもう見つかるわけないじゃん!
他の客もいるんだから先に進むから。
って言われなくてホント良かったー!!!
あの時のミャンマー人の皆様本当にありがとう!!!

ジャスミンの髪飾りの2人。
P2030694w.jpg




が、私たちの不運はまだまだ続く・・・


2017年タイ・ミャンマー

2017年旅*人生は初体験で満ちている20*人生初ミャンマー料理

さて、謎の親父の案内で無事バンのチケットもゲット!
日も高くなってきたので私はイミグレのトイレで顔を洗い、チケットブースの隣に座り込みメイクw
DSC00833w.jpg

イワリエさんは周辺散策。
DSC00839w_20170620222929f1c.jpg

準備完了後はミャンマー記念すべき初食事へ♪
DSC00829w_20170620222927bb6.jpg

ローカル臭漂うこちらの屋台で!
DSC00827w_201706202229256e5.jpg

ミャンマーについて調べるまで知らなかったんだけど、カレーが有名ってか、よく食べられてるんだよね。
タイカレーはかなり有名だけどそれとはまた全然違う。
どちらかというとインド系というか。
さすが隣の隣の国はインドだけある!
なんでもミャンマーカレーは「油戻し煮」という調理法で作られているらしい。
肉や野菜などの具材とスパイスを入れた鍋に大量の油を投入し、水分が完全に飛ぶまで煮込む。
そう!カレーというより油の中に具材が浸かってる感じ・・・
日本人はこの油にやられてお腹を壊すという知らなきゃよかったネット情報が嫌でも頭をよぎる・・・
P2030674w.jpg


人生初ミャンマーカレー!
カレーは無難にチキンを選んどきゃ間違いないんだろうけどそこはあえてのフィッシュでw
指さすと小皿にちょこっと入れられごはんとスープと一緒に出てきた。
スープには変な草が入っていてめっちゃ塩辛い!
これ一杯のんだら一日の塩分摂取量半分は軽く超える。
いや、1日分がこれで完了かも。
P2030676w.jpg

イワリエさんもフィッシュの気分らしいw
DSC00844w_20170620223858bd4.jpg

お味は...
なんかね、味がどうこうとかじゃなく、これから何時間にもおよぶバンでの移動(しかも悪路で有名)の酔いへの恐怖&店、料理、食器の衛生状態の悪さ等でもう気分的に美味しくなかったwww
これがバンコクで出されたならまあ可もなく不可もなくって感想だったと思われる。
日本で出されたらもう二度と行かないレベル。
P2030677ww.jpg

並んでる野菜は食べ放題。
白い麺みたいに見えるのはもやし。
タイでは付け合せで生でよく食べるけど、ここのは湯がかれてた。
一口食べてみたけど生ごみの風味がしたんですけど・・・
緑トレー左上は激辛オカカ。
これは辛いけどご飯の上に振りかけて食べたらおいしかったよ。
辛いけど。
かなり辛いけど。
P2030675w_201706202239019fa.jpg



世の中は知らない方がいいことで満ちている...
ご飯用のお皿を重ねておいてるんだけど、その一番上のお皿に水が入ってるの。
んで注文が入ったらその水を下の皿に移して濡れた状態のお皿にご飯をよそってるんだよ...
お皿にご飯粒がつかないようへの配慮なんだろうけど、食べる気なくなったよね...
まずその水どこの水?
ペットボトル入りの水じゃあないよね。
いつから使ってるの?
どんくらい上から下の皿に移されてんの?
お皿の汚れがどんどん水に溶け出してる気しない?w
DSC00843w_20170620223739fda.jpg

じゃ、ミャンマーじゃなくて欧米の綺麗な国行っとけよ!
そもそも衛生大国日本から出るな!
って思われそうだけど、バンでの長時間移動を前にちょっとメンタル弱ってたのよww


以上1500チャット(約120円)の人生初ミャンマー料理でしたー!


2017年タイ・ミャンマー

2017年旅*人生は初体験で満ちている19*徒歩国境越え初体験!!

震えながらソンテウに揺られること10分。
とうとう到着です!
タイ側のイミグレーション。
私空港以外のイミグレなんて初めてだよ!!
あ、船着き場のイミグレならあるわw
DSC00795ww_20170617105727f58.jpg

ここでもちろん出国カードを提出するんだけど、出国カードの「Flight or Other Vehicle No」の欄、いつもは搭乗フライトナンバーを書くんだけどここではなんて書くと思いますか???
なんと「WALK」って書くんですよ!!!
当たり前っちゃ当たり前なのかもしれないけど、私はこれにとてもとても感動しました!!!
出国カードの書き方みたいなポスターがでかでかと貼ってあってそこにもWALKって書けってちゃんと赤字で案内してたし。
そりゃ初めてだと分からないよね~!
もう人生で二度と出国カードにWALKなんて書かないだろうなと今の感動を噛みしめながら書きました。
こういうのに限ってその後何度も経験することになるんだけどねw

ちなみにこの感動を帰国後職場の人や友達に話しても誰も共感してもらえなかった・・・
この感動を分かってくれる人募集中!!
かなりの旅好きじゃないとダメだろうな・・・
P2030647ww.jpg


ちなみにミャンマー入国にはビザが必要です。
タイのミャンマー大使館で即日で安く発行もしてくれるらしいのですが、貴重な滞在時間を使ってまではもったいないなと思ったので私たちは事前に日本からオンライン申請しときました。
クレジット決算のみでたしか5000円ぐらいだったかな。
ミャンマーでの滞在先の名前と住所も必要なのでホテル予約が完了した出発1か月ちょっと前に。
深夜1時ぐらいに送って、その日の夕方にはもうビザ発行のメールが来た!
意外と仕事が早くてビックリw


無事イミグレを通過!
ここから橋を渡った先にミャンマー側のイミグレがあります。
DSC00796w_201706171058582eb.jpg

タイ側を背にして。
早朝(といってももう7時半だが)だからか観光客らしき人はまったく見当たりません。
DSC00798ww.jpg

タイとミャンマー国境の川ムーイ川。
DSC00800w.jpg


ここを越えるとミャンマーだよ!
(正確にはイミグレ通ったらなんだろうけどw)
自分の足で国境超えたよ!!
人生は初体験で満ちてるよね!!!
DSC00802www.jpg

日本にいたんじゃできない経験だよね!
いや、普通の海外旅行でもあまりできない経験だよ!
P2030663ww.jpg

そしてここで車線が変わるのよ!
タイは日本と同じ左車線。
ミャンマーは右車線。
一番下の丸っこい文字がミャンマー文字。
初めて見た!
人生は初体験で満ちている!!
P2030651w.jpg

圧倒的に右車線の国が多いし、車線が変わるなんて国境を歩いて渡るより貴重な体験よね!
P2030653w.jpg

ほら見て!
クネって右側に移動してるw
P2030659w.jpg

面白くてしばらく車の動き観察w
ムービーまで撮っちゃったわよ♪
この時は気がつかなかったけどよく見たら信号機があるね!
交通量の多い時間帯は信号つくのかもね。
P2030661w.jpg

いやぁ車線の事知らなかったからここにきて嬉しいサプライズでした♪♪
P2030664ww.jpg

てかなんか私の恰好すごく汚らしいなぁ・・・
DSC00806w_20170617111934500.jpg


ちなみにこの橋の上物乞いの親子が多いです。
この人たちがパスポート持ってるとは思えないんだけど、顔パス?
てか何人?
タイ語で話しかければよかったなぁ。
物乞いの子供に付きまとわれるイワリエさん。
この子たち服とかひっぱってきてなかなかしつこいです・・・
P2030667ww.jpg

写真撮ったり車線変更の車の動き見てたり15分ぐらいかけて橋を堪能w

DSC00807w_20170617111843baf.jpg

ミャンマー側が近づいてまいりました。
タイ側よりちょっと豪華なイミグレねw
P2030672w.jpg



ミャンマー人は長蛇の列でしたが私たちは通りすがりっぽい革ジャンのオヤジに声をかけられ違う窓口へ。
そこで入国日時、名前、国籍、パスポートナンバーなどをなんの変哲もないキャンパスノートに記入。
ちなみにタイとミャンマーでは時差が30分あります。
タイより30分遅くなります。
つまり日本より2時間半遅くなる。

それから個室へ連れて行かれそこでちゃんと制服着た職員から入国審査、スタンプをもらえ無事ミャンマー入国!
その後この個室のトイレを2回も借りることになるw
この左側の建物がイミグレ。
P2030673w.jpg


さてその謎の革ジャンオヤジにどこへ行くのか尋ねられる。
私達のこの日の目的はゴールデンロックを見る!
ミャンマーに詳しくない人でも一度は見たことあるでしょう、落ちそうで落ちない金色の岩を見に行きます。
これがね、なかなか辺鄙な所にあるのよー
てっきりミャンマー一の大都会ヤンゴンにあるとばかり思ってたしw

革ジャンオヤジの説明によりとここからチャイトーという街までバスかバンで行き、そこからバスに乗り換えゴールデンロックがあるキンプンまで行けるらしい。
キンプンまでの直通はないとのこと。
言われるがまま、この革ジャンオヤジが何者かも分からないままオヤジの案内でチャイトー行きのチケット売り場へ。
DSC00812w.jpg

こんなテーブルが通り沿いにいくつも並んでる。
ここで値段交渉。
といってもディスカウントできるわけじゃない。
USドルかミャンマーチャットかタイバーツのいづれかの紙幣が使えるらしい。
ミャンマーチャットを持ってない上にいまいちレートが分からないw
なのでかなり残ってたタイバーツで支払うことに。
これが大失敗・・・
かなり高くとられます。
とっととミャンマーチャットに両替してチャットで払えばよかったー!!
DSC00814w_2017061711392305f.jpg

大失敗過ぎてあまり書きたくないんだけど、このタイミャンマー国境の街ミャワディーからチャイトーまで一人600Bつまり1800円ぐらいとられました。
これがミャンマーチャットでの支払いだと1000円ぐらい。
あ~~~アホやアホやー・・・
その国のお金で払わないと損するね。


とりあえずミャンマーのお金を手に入れないと話にならないので革ジャンオヤジに両替屋の場所を聞くとここだとw
今バンのチケットを買ったこのテーブルでできるとww
DSC00822ww.jpg

半信半疑で両替してみたw
ちゃんとお札数える機械もあったしね。
ちなみに50ドル→62500チャット
1円が12チャットぐらい。
DSC00820w_2017061916562838c.jpg


あとでちゃんとした(かどうかは知らんが)街中の両替屋で両替したんだけどそこと比べてほんのちょっとレート悪かったかな。
でも許容範囲かな。

ちなみに私たちが利用したというか勝手にいつの間にか連れて行かれたチケット&両替屋はこちら!
DSC00818w_20170619165626bfc.jpg


でもこの通りのいたるところにこんな感じの露店があるのでチャイトーやヤンゴン行のチケットが買えないなんてことはまずないでしょう!
ちなみにこのお店のお姉さんは英語は話せません。
タイ語はすごく流暢に話せたけど。



イミグレを抜けた大通りの様子。
DSC00825w_20170619165632c6e.jpg

2017年タイ・ミャンマー

2017年旅*人生は初体験で満ちている18*4日目この旅の目的発表

バンコク北バスターミナル22時30分発メーソートー行きのバスに無事乗れた私達。
DSC_2619ww_20170617084032b8f.jpg

意外にも定刻通り出発です。
P2020621w_20170617083921d4a.jpg

メーソートーまではおよそ8時間半。
DSC_2620w.jpg


さてさて2日間バンコクを楽しみ、スーツケースを預けてまで私たちが向かうのはタイのお隣の国ミャンマー!
半世紀に渡った軍政に終わりを告げ、民政移管を果たしたミャンマー。
民政化の波に押されこれから急成長と変貌を見せるであろうミャンマーの今を見てきました。
というのは後付で私たちの目的は
「国境を歩いて渡る!!!」
私は今まで飛行機か船でした国境を越えたことがなかったのでね。
島国日本で生まれ育った私達日本人は国境ってなじみがない。
たった一歩の差で言語も通貨も文化も時間も変わるんだよ!
すごいよね~www
宇宙飛行士毛利さんの名言にもあるように、
「宇宙から国境線は見えなかった」
そう、国境って線じゃないんだよね~ww
それを確かめに行ってきましたよまだまだ日本人にはなじみのないミャンマーへ!!

「国境を歩いて越えてみたい」
こんな私の夢に付き合ってくれるのはもちろんイワリエさんw
二つ返事でOKしてれました♪
持つべきものはフットワークの軽い友ですね。
P2030637ww.jpg



そんな私達を乗せたバスは一路バンコクを北上。
深夜1時前休憩所に停まりました。
特に車内放送もなにもなく、出発時刻も分からぬままとりあえず降りてトイレへ。
P2030631w_201706170917402b8.jpg

ちなみにこんなレベルの綺麗さ。
DSC00794w.jpg
電気もついてるし、ゴミ箱もあるし全然合格レベル。
このタイ式トイレにトイレットペーパーがないのはまぁ、自分のティッシュ使えばいいので問題ないのですが、ゴミ箱がないことが多い。
拭いた後のティッシュどうしたらいいのよ・・・っていつもなってたからこの旅ではそれ用のビニールまで常にカバンに入れてたわよ私w
タイ人は隣に溜めてある水で洗う。
でもタイ時代の同僚の日本人がその水で洗いあそこが痒くなり病院へ行ったりと大変だったという話を聞いたので私は絶対無理。
その話を聞かなくても無理。
てか、ナプキンはどこに捨てるのよ??


ここでの停車中に軽食が配られる。
たしか水ももらった記憶が。
P2030632w.jpg
インスタントのコーヒーセットも入ってたけどお湯は?てかカップは??
この休憩所にあるのか、バスに置いてあるのかは謎・・・

色々配られますw
P2030633w.jpg


車内ちと寒いが快適だし、酔い止め薬飲んだからか爆睡してたらバスストップ。
警察みたいな人が乗り込んできてここで1回目のパスポートチェック。
私てっきり周りの人たちタイ人とばかり思ってたけど意外にもミャンマー人が多くてビックリ。
そのミャンマー人にかなり高圧的に質問をしてたタイ人警官が印象的でした。
でも私たちが日本パスポートを渡すと、
「オ~ジャパニーズ!」
とか言いながらたいしてチェックもしないまま超笑顔で返してくれました。
アジアだからこの対応だけどこれが欧米に行くと一転私達もミャンマー人的対応されるんだろうな・・・
普段日本にいたら絶対に感じない人種差別。
海外だと目につくし肌で感じるよね。
P2030634w.jpg

時刻は7時前。
一体ここはどこなんだ。
P2030636w_20170617093522f10.jpg


P2030638w_201706170946422a0.jpg

それから15分走ったところでまたしても停車。
ぞろぞろと降り始める乗客たち。
どうやらここらしい。
タイとミャンマーの国境の街メーソートー到着!
P2030640w.jpg

バスを降りたところに何台ものソンテオ(吹きさらしの乗合タクシー)が停まってます。
ここからこれに乗ってイミグレーションへ!
P2030644ww.jpg
料金はたしか50B

こんなタイの田舎町で発見してしまいました!
広島東洋カープファンをw
P2030646w.jpg
広島県民としては写真を撮らずにはいられません。
こんな辺境の地でカープを応援してくれてありがとうと広島県民から一言お礼を言っておくべきでしたね。
兄ちゃんありがとう!
君がカープジャンパーを着てくれてるお陰で今年もカープはいい感じですw


そんなことより気を付けてください。
1月の早朝、吹きさらしソンテウ。
めっちゃ寒いです。
この旅で一番寒い思いをしたのは間違いなくここ!!!
10分やそこらでつくからいいものの耐えられない寒さでした・・・

ちなみにこのソンテウに乗ってる時も途中でパスポートチェックがあります。
誰かのブログでこの何度かあるパスポートチェックでパスポートのコピーを渡すってあったから何枚かコピーを用意してたんだけど結局1枚も使いませんでした。